介護保険とは

介護保険は、広島市が運営する保険制度です。
40歳以上の方が被保険者(加入者)となって保険料を負担し、介護や支援が必要と認定されたときに、費用の1割を支払って介護サービスを利用するしくみとなっております。年齢によって、加入の仕方は2種類に分かれ、介護サービスを利用できる条件も異なります。

■第1号被保険者(65歳以上の方)

【介護保険のサービスを利用できる方】

  1. 寝たきりや認知症などで、入浴、排泄、食事などの日常生活について、常に介護が必要な状態(要介護状態)と認定された方。
  2. 掃除、洗濯、買い物などの身の回りのことができないなど、日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)と認定された方

 

■第2号被保険者(40歳から64歳までの方)

【介護保険のサービスを利用できる方】

初老期認知症、脳血管疾患などの老化が原因とされる病気により介護や支援が必要な状態(要介護・支援状態)と認定された方